含有成分 配合

MENU

ゼファルリンの増大成分、シトルリンとトリプトファンって何?

含有成分

 

ゼファルリンを飲むのをやめるとどうなるのか気になっている人は、ゼファルリンについて結構知識を持っていると思います。
「シトルリンが入ってるのか、トリプトファンが入ってるのか、マカとか朝鮮人参とか入ってるんだな。」といった基本情報は頭に入っていることでしょう。

 

しかし、ゼファルリンの2大成分、シトルリンとトリプトファン、実のところは何なのか、ご存知でしょうか?
このメイン成分の働きをよく知らないのに、購入に踏み切るのはまずいですよ。
ココで、シトルリンとトリプトファンをよく理解しておきましょう。

 

 

一酸化窒素を生み出すシトルリン

シトルリン

 

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸の一種です。
日本のスイカにシトルリンの含有量は少なく、カラハリ砂漠のスイカに多く含まれています。
そんなシトルリンは1930年に発見されて以来、以後様々な研究が続けられています。
その中でも1978年、フランスの研究者たちが、シトルリンの疲労軽減作用に目をつけ、健康食品や市販薬として販売されました。

 

何故、シトルリンが健康食品に使われるようになったのか、それはシトルリンの一酸化窒素生成サイクルというものがあるからなのです。
シトルリンが体内に吸収されると、L-アスパラギン酸とアルギニノコハク酸合成酵素が結合すると「アルギニノコハク酸」に変わります。
このアルギニノコハク酸はアルギニノコハク酸リアーゼと合成されると「アルギニン」へと変化します。
アルギニンは一酸化窒素合成酵素によって「シトルリン」に変化するのですが、この時一緒に「一酸化窒素」を生成します。
また、アルギニンとアルギナーゼという物質が混ざると「オルニチン」へと変化もします。
これが一酸化窒素生成サイクルです。

 

要するに、シトルリンはアルギニンに、アルギニンはシトルリンに戻り、その時、一酸化窒素を生成するのです。
この一酸化窒素こそが血管を拡張させている張本人です。

一酸化窒素によって血管が拡張させられると、血流が改善され、ペニスへ流れこむ血液量が増大します。

そのため、ペニスが増大するというわけなのです。

 

 

リラックス成分トリプトファンが増大を促す

トリプトファン

 

トリプトファンとは牛乳から発見されたアミノ酸の一種です。
牛乳の他に肉やピーナッツ、カツオなどに含まれています。

 

体内にトリプトファンが取り込まれると、肝臓で分解され、エネルギーに活用されます。
また、トリプトファンは脳にも運ばれ、「セロトニン」という精神を安定させてくれる物質を分泌します。
このセロトニンは「メラトニン」という睡眠ホルモンと呼ばれている物質に変化します。
このメラトニンはいわゆる成長ホルモンになります。

 

トリプトファン自体がペニス増大に影響をもたらすわけではありませんが、シトルリンとの相乗効果でペニスの海綿体が増殖しやすい環境を作っているのです。

 

 

そんなシトルリンとトリプトファンを含んだゼファルリン。
ゼファルリンを飲み終えた後、サイズをキープしたなら、食事にも気を付けたいものです。

 

次は

「増大サプリを飲み終えた後、サイズをキープする食材とは?!」

で詳しく紹介していきましょう。

 

外部リンク

 

シトルリンとトリプトファンで増大するゼファルリンはココ